So-net無料ブログ作成

NHK大河ドラマ軍師官兵衛最終回あらすじ乱世ここに終わる如水の最期 [あらすじ]

関ヶ原の戦いは長政(松坂桃李)の活躍で、
家康(寺尾聰)が勝利した。

戦に敗れた三成(田中圭)は謀反人として処刑され、
長政は家康の論功行賞により筑前52万石の太守となる。

一方、如水(岡田准一)は天下を狙って
九州の大半を手にしたが、
天下分け目の決戦が一日で終わり、その夢は破れる。

そして、天下人となった家康と大坂城で再会した如水は、
家康の志の高さに触れ、潔く負けを認める。

その後、新たに築城した福岡で静かな晩年を過ごした如水。
やがて戦国乱世は最後の瞬間を迎える。
(NHK引用)

※放送は12月24日です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ht

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。